おこめのおやつ

米粉を使ったクッキー・パン、おせんべいやお餅などの「おこめのおやつ」や、おこめについてつづります。

大幸さんのもち粉でお団子を作ってみました!【レシピ】

   

「おこめのおやつ」をもっと普及させよう活動実施中!

米粉ならきっと、もっとおこめが身近になるはず!
という思い込みを元に、日々おこめのおやつを紹介しています^^


 

大幸さんのもち粉で、お団子を作ってみました!

今回お団子に使ったのは大幸さんのもち粉!

魚沼産こがねもち もち粉 1kg

 

新潟県魚沼地方のこがねもちを使った米粉です!

魚沼産コシヒカリ100%の米粉と同じメーカーです!

 

1kgで550円(税込・送料別)!

同じくお手頃価格で手に入りますよ^^

ぜひ使ってみてください!

 

私が購入したのは、楽天のコパフーズさんです^^

商品ページを見てみる

 

お団子の材料(18個前後)

  • もち粉:120g
  • 水:90gくらい
  • きなこ:お好み(今回は大さじ1入れました)
  • 黒糖:お好み(今回は小さじ1入れました)

本来お団子って、上新粉だけだったり、
上新粉ともち粉を混ぜたり、だんご粉や白玉粉で作ったりだと思いますが、
今回はあえてもち粉のみでつくりました。

 

初めでも後でもよいかと思いますが、
まずはお団子にかけて食べる黒糖きな粉をサクッとつくります。

1箇所に入れて、よく混ぜましょう〜

黒糖はサラサラのを選ぶと綺麗に混ざりやすいかと思います。

あればすり鉢を使うのがベストです。

私はちょっとダマになっているタイプを使ってたのですが、
そのままさくっと混ぜて終わりです^^;

引き続きお団子づくりに入ります。

もち粉に水を加えて混ぜていきましょうー

お水は少しずつ加えながら混ぜるのがよいです。

あんまり入れすぎると、べたべたしてお団子が作れなくなっちゃいます^^;

私はうっかりやらかしました 笑

耳たぶの硬さを目指しますー

 

いい感じにまとまりましたので、
お団子にするために分割していきます。

効率主義の方は、この辺で鍋にお水を加えて加熱をはじめます。

お団子はコロコロと手のひらで丸めていきましょうー

お湯が沸騰したら、お団子を投入します!

はじめは鍋の下でゆらゆらしているかと思いますが、
数分茹でると次第にぷかぷかと浮いてきます。

そのまま2、3分茹でたあとは、ざるにあけて冷水にさらしてあげるとよいのですが、
うっかり10分くらい放置したのちそのままお皿に盛り付けたのが下記の絵です^^;

ただでさえ柔らかいお団子が、ぶよぶよになりますのでご注意を^^;

こちらを盛り付け、黒糖きなこをかけて完成です!

お味は・・・

 

もち、ですねー。

ゆるい食感なので、上新粉でつくるハリのある歯ごたえが好きな方には物足りないかと思いますが、
柔らかなもちもちに浸りたい人ならとっても気に入っていただけるはず。

ちょっと冷えてきてから食べた方が、歯ごたえも出ておいしいです^^

 

今回の大福に使ったのは大幸さんのもち粉を手に入れるには!

魚沼産こがねもち もち粉 1kg

私は楽天のコパフーズさんで購入しましたが、
店頭では販売しているところ、あるんでしょうか・・・?

見かけたらご報告したいと思います!

 

 

大幸さんは、豊富な米粉を取り扱っています!

ふつうの米粉だけでなく、玄米粉や発芽玄米粉、焙煎粉、赤米・黒米・香り米の米粉まであるんです。

米粉ファンなら、見ているだけでワクワクするのでは?

普通のお米もお取り扱いがありますので、合わせ買いもおすすめです^^

米粉ラインナップをチェックする

Amazonで購入するなら

1kgは送料込み価格想定なのか、割高です。

2,000円以上の注文で通常配送無料 1kg 1,150円(税込)!
(2017.8.8現在)

Amazonで見る

楽天で購入するなら

1kg 550円(税込)!
(送料別・2017.8.8現在)

商品ページを見てみる

 

 

 - おこめのおやつ【手作り】, おもち, だんご, 大幸 , , , , ,