おこめのおやつ

米粉を使ったクッキー・パン、おせんべいやお餅などの「おこめのおやつ」や、おこめについてつづります。

おこめの種類まとめ【精米度合での分類 編】

   

おこめの種類まとめ【内容成分での分類 編】
の続き記事です。

 

これはわかるし、
わざわざ書く必要あるかなぁと思いつつ
精米度合いでの分類をみてみますー

image160304

おこめの精米度合いでの分類 編

籾(もみ)米とは

おこめを全く精米していない脱穀前の稲の果実の部分

 

玄米とは

籾(もみ)米から殻を除いたもの
乾燥→脱穀→籾すりの過程を経てできる。

 

白米とは

玄米から糠(ぬか)、胚芽(はいが)を取り除いて残った胚乳の部分のこと。
この過程を精米と言う。

 

おこめの構造

胚乳・・・91~92%
ぬか層・・・6%
胚芽・・・2~3%

 

市販されてる玄米を1kg精米したら、
910〜920gの白米ができるってことですね。
ぬか層や胚芽に
脂質・繊維・鉄・ビタミンB群などの栄養が多く含まれるそうな。

約1割に栄養が詰まっているとは。
捨てちゃうのはもったいない。
有効活用したいですね。

 

 

 - おこめの種類