おこめのおやつ

米粉を使ったクッキー・パン、おせんべいやお餅などの「おこめのおやつ」や、おこめについてつづります。

おこめの種類まとめ【新形質米 編】

   

おこめの種類まとめ【加工用米 編】
の続き記事です。

 

 

新形質米を見ていきます。

どんなものがあるか、は以下のとおり

  • 黒米
  • 赤米
  • 香り米
  • 大粒米
  • 巨大胚芽米
  • 低アレルゲン米 などなど

 

image160304

新形質米 とは

これまでの粳(うるち)米や糯(もち)米とは違った新しい形質・特徴を持ったおこめ。

粳米とあわせて紹介した、低アミロース米・高アミロース米もその類みたいですね。

 

 

黒米とは

image160315-01

古代米の一種。

紫黒米(しこくまい)、紫米(むらさきまい)とも呼ばれ、
果皮・種皮の部分に紫黒色を含んでいる。

精米すると他のおこめみたいに白いそうな。

うるち米と比較すると栄養素が豊富

紫色のアントシアニンならではの抗酸化作用で、
血管の保護や老化防止などに効果があるらしいです。

玄米の状態で粳米と一緒に炊くと、紫色のごはんになります^^

赤米とは

image160315-02

こちらも古代米の一種。

果皮・種皮の部分に赤褐色を含んでいる。

精米は黒米同様に白い

うるち米と比較すると栄養素が豊富

赤色のタンニンならではの、美肌や脂肪燃焼に効果があるそうな。

玄米の状態で粳米と一緒に炊くと、ピンク色のごはんになります^^

お赤飯の起源とも言われてます。

香り米とは

玄米に香ばしい香りがあるおこめ。

麝香(じゃこう)米、匂い米、香子(かばしこ)、鼠米(ねずみごめ)、有臭米(かおりまい)と呼ばれることも。

ねずみごめ、ってちょっとイヤな呼び方ですね^^;

そんな呼ばれ方をされながらも、世界では一番高級なおこめだそうな。

大粒米(たいりゅうまい)とは

玄米1000粒あたり26g以上のおこめ。

※コシヒカリは1000粒あたり20~22g。

粘りが少ない品種が多く、パエリヤやみそを作るのに適する。

お酒のおこめの粒も大きいっていうからこれに属するのかな。

巨大胚芽米とは

普通のおこめに比べて胚芽が2、3倍あるおこめ

精米しても胚芽は落ちにくい性質を持っている。

GABAがより多く摂取できるのが魅力ですね!

低アレルゲン米とは

近年増えてきたおこめアレルギーの人にも食べられるおこめ

おこめにアレルギーを持つ人もいるんですね。

あるたんぱく質が原因になっている場合があるそうな。

あっさりとした口当たりのおこめが多いようです。

分類にかんしてまとめ

これまでの分類を通して、お米に対する見方が広がったように思います。

調べれば調べるほど奥深い。

・・・ていうか、おこめsweetsから脱線ぎみですよね。

基礎を知るのが大事かな、って思ったんですよ。

おもしろくまとめるのは苦手ですが、

今後も知識系含めながら更新していきたいと思いますー!

 - おこめの種類