おこめのおやつ

米粉を使ったクッキー・パン、おせんべいやお餅などの「おこめのおやつ」や、おこめについてつづります。

ライスミルクっていったいなんなんだろう。

   

image160305

 

今更ながら、ライスミルクってなんなのか
よくわかってませんでした。

 

 

おこめを細かくして・・・でも、ほんのり甘いのはなんでだろう。

と、いうことで、ちょっと改めて調べてみました。

 

ライスミルクとは

コメから作られる穀物ミルクである。

多くは玄米から作られ、甘くない。

甘いライスミルクの多くは、日本の甘酒と同様に、天然の酵素の作用でデンプンを二糖や単糖、特にグルコースに切断することにより作られるが、サトウキビシロップやその他の甘味料で甘みを付けているものもある。

参照:wikipedia

 

作り方も調べてみました。

一般的なライスミルクは、米を砕し米粉にしたものを水に浸して濾過をする。

濾過液に油と塩を加えて製造される。

一方、2015年1月に販売されたライスミルク(GEN-MY)は、酵素糖化製法を用いて、米の澱粉部分を酵素で分解しオリゴ糖にしており、油も塩も使用しない。

2015年月に発売された玄米ライスミルク(キッコーマン)も糖化製法で作られているが、オリゴ糖に分解はしていない。こちらも油も塩も使用していない。

参照:wikipedia

 


 

普通のライスミルクの製法

→米を砕し米粉にしたものを水に浸して濾過。濾過液に油と塩を加えて製造される。

 

最近のライスミルクの製法

→酵素糖化製法を用いて、米の澱粉部分を酵素で分解しオリゴ糖にしており、油も塩も使用しない。


 

 

従来のライスミルクは甘くないんですね。

そして、最近のライスミルクは酵素の力で甘くなっている。

 

新しいカタチのライスミルクってことかぁ。

 

 

これまで海外品が主流のようでしたが、
国産のものもさりげなく5種くらいあるようです。

いろいろ飲み比べてみたいですね^^

 

 

ちなみに
この前書いたマイセンさんの玄米酵素ドリンク
ライスミルクってことみたいです。

P2249290

 

新しい種類の商品て、分類とか含めてよくわからないーーー

 

 

 

image160305-02

 

着実に定着しつつある、ライスミルク。

そのまま飲む以外にも料理にだって使えるし、
お米がどんどん身近になるなぁと感じました^^

 

 - ライスミルク, 知識