おこめのおやつ

米粉を使ったクッキー・パン、おせんべいやお餅などの「おこめのおやつ」や、おこめについてつづります。

南って付くし暖かい地域で作られてるの?上南粉とは?

   

この記事の続きです。

地域によって呼び名が異なる?微塵粉の正体を探ってみました

 

上南粉ってものもわからないんです。

自分は無知な人間です。

そんなことを改めて思う今日この頃です。

上南粉ってものも知りませんでした。

 

微塵粉についてまとめた時、微塵粉を煎ると上南粉になることはわかったんですけど・・・

それで、これはどう使われるものなんでしょう。

 

 

上南粉とはなんでしょうか


Jhc 上南粉 100g

 

別名は上みじん極みじん粉、細真引きともいう。

地域によって呼び名が変わる

打ち物、押し菓子、落雁、玉あられ、桜もち、おこし、だんご、洋菓子など作る時に使う。

糯米(もちごめ)か粳米(うるちまい)の精白米を洗ってせいろで蒸し
乾燥させたもの(道明寺粉)を粉砕して平煎機で白煎りした粉。

image160325-01

少し焦がすとまた呼び名が変わる

茶みじん粉、こがしみじん、と呼ばれる。

より濃く焙煎することで、香りを味わえる粉に!

 

 

 

バラエティ豊かなおこめの粉・・・正直、わかったようでわかってません^^;

これまでまとめてきての経過報告ですが、結局わかったようでわかってないんですよね。

打ち物とか玉あられって寒梅粉や微塵粉でも出てきてましたけど、
どう使い分けるとイイ感じになるんでしょう。

 

そもそものところ・・・

わたしはあんまり和菓子ってものが詳しくなかった!!!

それに尽きます^^;

 

 

米粉を見たあとは、和菓子もおいおい深堀りしていきたいですねー

きっとこの記事も後々直したくなるんだろうなぁ^^;

 

ひとまず、まだ米粉の種類はあるので、
次回は道明寺粉を見ていきたいと思います!

 
「感動の米」マイセン
 

 - おこめの粉の種類 , ,